保険プランナー 204

保険プランナー 204

MENU

円安は外貨建て保険に有利か?

閲覧数:60

公開日:2021-03-10

マイナス金利の今、「外貨建て保険の方が予定利率が高く、有利なのでは?」とお考えの方が多いと思います。

実際のところ、いかがでしょうか?

1か月前は、1$=103円だったのが、今や1$=109円に迫る勢いです。

つまり、およそ5.8%ほど、ドル高円安が進行したことになります。

いかに予定利率が高い外貨建て保険とは言っても、予定利率が6%に近い商品が存在するでしょうか?

ところで、ドル高円安が進行すると「外貨建て保険に有利」なのでしょうか?

解約返戻金や保険金・満期金を受け取るときはドル高円安の方が有利でしょう。

しかし、円入金特約を付けて保険料を払い込んでいる人は、事実上、保険料UPです。

ちなみに、1$が112円を超えてくると、「外貨建て保険の保険料の支払いが苦しい」と、ご相談にいらっしゃる方が増えます。

ドル高円安になると、上がってくるのは外貨建て保険の保険料だけでは無いからです。

ところで、「円高と円安って、どっちがどうだっけ?」という疑問を抱かれた方は、外貨建て保険はお止しになった方が良いでしょう。

この記事を執筆した保険プランナー

大泉稔

評価0評価0評価0評価0評価0

(0件)

オンライン相談

来店相談

訪問相談

訪問相談

来店相談

オンライン相談

  経歴:

13年  年間相談件数: 87件

  所属:

株式会社fpANSWER

  住所:

東京都 新宿区西新宿3-1-5 新宿嘉泉ビル8階

 取扱い:

生命保険3社 損害保険1社

相談内容:

生命保険の加入/見直し, 相続対策, 事業承継, 資産運用, 法人コンサルティング

保有資格:

CFP (サーティファイド ファイナンシャル プランナー), FP (ファイナンシャルプランナー) 1級, 年金・退職金総合アドバイザー, 一種証券外務員, TLC (生保協会認定FP)

主に、以下のお客様から、ご相談いただいております。

☆60~70歳代の、ご主人様を亡くされた女・・・

OFFICIAL SNS

facebook Twitter Instagram
ページトップへ戻る

無料保険相談受付中

全国FP検索全国FP検索

保険のプロに質問できる

FPに質問FPに質問