保険Q&A / ほけん知恵袋

子供の保険について

受付中

FP回答

4 

役に立った

18

18 

閲覧数

35

torekoさん
(20代)

昨年子供が生まれました。生まれたばかりの子供にも医療保険はかけたほうが良いでしょうか?

 

toreko様、ご質問ありがとうございます。
また、お子様の誕生おめでとうございます。

ご質問は、お子様の医療保険についてですね。
お子様が生まれると、会社員の方であれば健康保険に、自営業の方は国民健康保険に
お子様を加入させるので、多くの場合は医療費の自己負担が2~3割程度ですみます。
その自己負担につきましても、自治体が小学校に上がるまでは「乳幼児医療費助成制度」、それ以降は「義務教育就学時医療費助成制度」で負担してくれます。
お住まいの自治体に詳細がございますので、ご確認下さい。
それでもなお、医療保険の必要性がある場合にご加入を検討することをお勧めします。

2020-01-14

1

 

torekoさん、今晩は。
ファイナンシャルプランナーの小栁善寛と申します。

お子様のご誕生されてご家族が増えて賑やかになりましたね。

子育ては何かととどうしたらいいかわからない事も…

「生まれたばかりの子供にも医療保険はかけたほうが良いでしょうか?」

そうですね…ご夫妻のご両親は近所にお住まいでしょうか?

なんかちょっとした時にごふさのご両親のどちらかが手助けが有るか無いかで全然変わってきます。

奥様の精神的な負担やお子様のちょっとした変化に気付いて頂けるだけでも安心出来ます。

ご夫妻のご両親が遠隔地であればお生まれになられたお子様に医療保険があっ方が、お子様がご入院された際に経済的負担は軽減されるでしょう。

torekoさんのご家族のライフプランから何処にリスクが有るか読み取る必要が有ります。

ご夫妻のご両親が近所にお住まいか?遠隔地なのか?

お子様がご入院や怪我などをしれた際に何処の病院に行くのか?

内科や整形外科などでも違いますし、ご夫妻の病気の既往歴からお子様の罹患される疾病は読み取りにくいのも事実です。

基本はご夫妻のご両親の支援が得れる環境下が大事です。

ライフプランをされて色々とご検討される事をお薦め致します。

こやなぎ

2020-01-10

7

 

torekoさんこんにちは。お子様のご誕生おめでとうございます!

一般的に考えるメリットとデメリットのまとめです。
よろしければご参考になさってください。

メリット
・保険料が一生涯変わらないタイプに加入かつ、大人になってもずっとかけ続けることを前提にするなら、
保険料が安くて済む。(ただ、医療保険はスマホのように数年たつと新しい商品が出ることが多い。)

・お子様が今後万一大きなご病気等にかかり、「大人になり保険加入したいと思ってもお手頃な保険料で入れない」事態を防ぐことが出来る。

・お子様が万一がん等で、健康保険適用外の先進医療を受けた場合の保障がある。

デメリット
・子供には医療費助成の制度があるので、医療保険のお世話にならなくても困らないケースがほとんど。
・大人に比べると相対的に大きな病気で保険のお世話になることが少ないため、医療保険を使わないケースが多い。(保険料は掛け捨て)
・前述のとおり、スマホ同様医療保険は新しい商品が出続ける傾向にあるので、お子様が大人になった際は再度見直しを考慮しておく必要がある。

※「保険料が無駄になる」ことが気になる場合は
保険会社の中には、「掛け捨てではない」タイプの医療保険も存在します。詳しくはFPに相談されると良いと思います。

2020-01-07

2

 

torekoさん、こんにちは。
ご質問ありがとうございます!

昨年お子様が誕生されたとのことで、おめでとうございます。
また、ご出産お疲れ様でした。

ご質問の生まれたばかりのお子様に医療保険は必要か?というご質問ですが、私は必要だと思います。
もちろん不要だという考え方もあり、意見は様々です。

必要だという理由としては、お子様が病気(重い病気だと小児がん 等)になった時に、満足のいく治療を受けさせてあげることが親として最も望まれる事ではないでしょうか。
私は三児の親なので、私は親としてそう思っております。
もちろん子ども医療費助成制度があり、医療費はかかっても数百円なのでそんなに負担にはならないと思われるかもしれませんが、健康保険適用外の治療だと子ども医療費助成制度は適用になりません。

例えば、お子様ががんに罹患し、先進医療を受けるとなると全額自己負担で数百万円かかる場合があります。
お金があれば受けられる治療を、お金がないからといって諦める事は、親としてしたくないと思います。

医療保険には先進医療特約という特約がありますので、その特約目的で加入する事も一つだと思います。

また、保険料が一生涯変わらない保険会社もありますので、今から加入しておくと、かなり安く準備ができると思います。

ただ、医療保険はその時代時代に合った商品に見直しすることをお勧めしますので、FPに相談しアドバイスを受けることをお勧めします。

長文お読みいただき、ありがとうございました。

2020-01-07

8

この質問に回答したFP

松井新吾

松井新吾

評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0

5.0

 取扱い:

生命保険12社 損害保険3社

得意分野:

生命保険, 損害保険, ライフプラン, セカンドライフプラン, 税金・節税対策, 相続対策, 資産運用, 不動産

FPからのコメント

保険を上手に賢く準備されていますか?
お子様の教育資金を上手に賢く準備されていますか?
老後20・・・

小栁善寛

小栁善寛

評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0

5.0

 取扱い:

生命保険13社 損害保険7社

得意分野:

生命保険, ライフプラン, セカンドライフプラン, 税金・節税対策, 相続対策, 事業承継, 資産運用, 法人コンサルティング, 住宅ローン, 不動産

FPからのコメント

ご家族のライフプランニングをはじめ、法人企業・医療法人のドクターからのご相談、相続のご相談も受け賜っ・・・

小牧広海

小牧広海

評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0評価0.5

4.6

 取扱い:

生命保険9社 損害保険2社

得意分野:

生命保険, ライフプラン, 住宅ローン

FPからのコメント

好きな言葉は、「人と人とは縁があって出会うもの。」という前職の上司の言葉です。
皆様にもそれぞれ大・・・

福本知輝

福本知輝

評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0

5.0

 取扱い:

生命保険13社 損害保険6社

得意分野:

生命保険, ライフプラン, セカンドライフプラン, 税金・節税対策, 相続対策, 事業承継, 資産運用, 法人コンサルティング, 住宅ローン, 不動産

FPからのコメント

~「一家に一台」ならぬ「一家に一人」信頼のおけるFPを!~

お金に関することや保険は難しそう・・・・

    

OFFICIAL SNS

facebook Twitter Instagram
ページトップへ戻る