新規&紹介集客を実現したFPが語る!ほけん知恵袋活用法 Vol.1 駒崎 竜 様 / ほけん知恵袋

 
 

新規&紹介集客を実現したFPが語る!ほけん知恵袋活用法 Vol.1 駒崎 竜 様

2020-07-28

普段、FPの皆様より「ほけん知恵袋を使うことでどんな効果があるのか?」をというお声を多数いただいております。
今回は、ほけん知恵袋をご利用いただいているFP様を対象にインタビューを実施することになりました。
具体的にどんなメリットや変化が起きるのか、リアルなお声をお届けできればと思います。

第一弾として、「エターナルフィナンシャルグループ株式会社」にて代表を務めてらっしゃる、駒崎 竜 様にインタビューをさせていただきました。



 

はじめに、自己紹介をお願いします。


エターナルフィナンシャルグループ株式会社、駒崎と申します。
会社は、設立から14期目になります。
もともとFP(ファインナンシャルプランナー)の仕事をメインにやっていました。当初は「一切金融商品は売らない」という会社でやってきたのですが、4年ほど前から、生命保険代理店、金融商品の仲介業、貸金業の代理店をスタートし、ワンストップで金融商品を扱える会社として運営しています。


 

ほけん知恵袋を知ったきっかけは何ですか?

御社からのDMですね(笑)。
すぐに封筒を開けて中身を見て、問い合わせをして・・・。全くリスクがないなと思いましたね。


 

ほけん知恵袋にどんなメリットを感じましたか?

憶測ではありますが、「集客ができるのではないかな」というのは思いました。
ほけん知恵袋の機能を見て「SEO対策もできて集客につながるのではないか」と思いました。

お客様からの質問にたくさん答えるのが非常に重要だと思うんですよね。
登録しているFPさんが増えれば回答数も増えますし、それに伴って露出も広がれば、お客様の登録数も増えてくる、この効果がかなりSEO対策になるのではないかなと思いました。

 

FP登録に一歩踏み出す決め手は何でしたか?

今までは、集客は全て紹介でやっていました。
ですが、ちょうど「自社でWEB集客したい」ということを考えていたんです。
さらに、やるにあたっては費用がかからない方がいいと思っていました。

ほけん知恵袋は費用がかからないですし、(自分の時間はかかりますが)頑張ってみようかなというのが一歩踏み出したところですかね。


 

「ほけん知恵袋」サイト上での活動はどのような事をしていますか?

とにかく質問に全部答える気持ちで、丁寧に自分のスタンスで回答を出していますね。
4ヶ月弱で230件くらい回答していると思います。

 

回答の際に気をつけている事はありますか?

お客様の相談の時のように、なるべく分かりやすく、噛み砕いて、要点を絞って、長くなりすぎないように回答しています。
その中でも、法令遵守は非常に大事だと思っていますので、個別具体的な商品名を出したりしないように、といったことは気をつけています。

 

どういう質問が多いですか?

医療保険の質問が多いですね。
意外と資産運用の相談が多いというのは感じます。


 

実際に対面相談に繋がったことはありますか?

ありますね。
やり始めて4ヶ月ぐらいの時に、会社に電話で問合せがありました。

 

どんな相談内容でしたか?

生命保険を活用した相続対策についての相談でした。
お客様は、ある保険ショップで相談されて、既に一時払いの終身保険に申し込みをしており、翌日には保険料の振り込みをする、という状況でした。

お客様は「保険ショップの担当者から案内を受けた内容(相続税の非課税に関すること)がちょっと違うのではないか」と疑問を持たれており、FPに相談したいと思っていたそうです。

私は、まずは電話でお客様のお話をお伺いして、正しいご説明をさせていただきました。
さらに詳しくお話を伺うと、相続対策として外貨建ての保険に加入されたということでした。
一方、相続人となるお子様たちは「外貨はめんどくさい」という意向もありました。
私からは、外貨建て保険で本当にいいのかということを今一度考えていただきながら、「円建てで考えたほうがいいのでは」とアドバイスさせていただきました。

お電話の中で、うちでも商品の設計はできますというお話しをしたところ、お客様からのご希望で、対面でお会いしたいということでしたので、対面相談をさせていただきました。

 

ご相談を終えてどうでしたか?

端的に言うと、「お役に立てた」と思いました。
通常の場合、お客様に何かニードがあって、うちで適切な生命保険に加入いただければ、問題が解決するというパターンが多いです。

今回は、その前段階で「FPとして相談を受けて悩みを解決する」というのができたんですよね。
間違ったアドバイスを受けていたのを正すことができたのが非常に良かったと思います。


また、(ほけん知恵袋が)「何となく立ち寄って」という相談ではなく、「おそらく保険には入る、あとは正しいものに入りたい」そういった相談のお客様の集客ができるように感じました。



 

ほけん知恵袋で気に入っている機能はありますか?

ひとつは自分の紹介専用のページ(紹介依頼用プロフィールページ)があることですね。
友人を紹介したいとお客様に聞かれた時にLINEなどで紹介依頼用プロフィールページを送ることができる、お客様もそのページを友人の方に伝えられる、というのはすごくいいなと思いますね。


 

紹介依頼用プロフィールページをどんな時に使っていますか?

お客様が相談後、保険を加入された時に、私から「紹介をお願いしたい」旨をお伝えする時に使っています。

 

これまで何人の方に紹介依頼用プロフィールページをお見せしましたか?

5人くらいですかね。

 

紹介依頼用プロフィールページを使って「紹介」に繋がったことはありますか?

まだ1件ぐらいですね。
この機能(紹介依頼用プロフィールページ)はすごくいいと思っています。

従来、FPを紹介するお客様と友人の方とのやりとりって、「この人から保険に入ったんだけど、すごくいい人だから相談してみたら?」というようなすごく端的なやりとりなんですよね。

でも、(ほけん知恵袋の紹介依頼用プロフィールページであれば)信憑性がありますよね。顔も出ているし、質問に回答している履歴もわかるし。
紹介をするお客様も紹介しやすいですよね。



保険を成約したときって、多くのお客様が満足していると思います。
私から「今後もお願いします」という(紹介依頼の)話をすると、ほとんどのお客様が「友人を紹介しますよ」と言って下さいます。
ただ、FPのことを電話やLINEなどでお客様自身が表現して友人に伝えるとなると、紹介してくださるのは頑張って頂いても1人や2人になると思います。

一方、お客様が紹介依頼用プロフィールページを友人に伝えるとなると、LINEの友達何人にも紹介してくれると思うんです。
「ここで入ったよ」「いい人だったよ」という気軽な感じで。



 

今まではどのように紹介依頼をされていましたか?

契約時、口頭で「ご友人をご紹介いただけますか?」という感じでお願いしています。
全く後追いはしないですね。

 

お客様に紹介依頼用プロフィールページをどう伝えていますか?

QRコードを紙で印字してお渡しするか、LINEで繋がっているお客様にはLINEで送っています。
今の時代に沿っていて、気軽に紹介できると思いますね。

一方、従来の紹介依頼のやり方、伝え方だとうまくいかないと思うんです。

 

どういったところがうまくいかないのでしょうか?

お客様が私(FP)の良さをうまく伝えられない、というところだと思います。
「良い人だよ」で終わっちゃうと思うんですよ。「良い人」にもいろんな意味があるので(笑)。

 

お客様がどう伝えるかまではFPもコントロールできないですよね。

そうですね。
それが、紹介依頼用プロフィールページを見れば一目瞭然で、どういう相談ができるか、こういう人間性なのか、写真の雰囲気、プロフィールも伝わりますよね。

特にプロフィール、お客様は口頭で全部伝えられないですよね。
自分(FP)が何年やってきて、どういう資格持っているとか、今までの実績とか、言えないと思います。

紹介依頼用プロフィールページを目で見ると、良い人なんじゃないの?と思ってくれると思います。

私も含めてですが、自身の魅力がうまく伝わらなくて困っている、そういうFPさん、全国にいっぱいいらっしゃると思います。



 

ほけん知恵袋で気に入っている2つ目の機能を教えて下さい

この前お客様に「駒崎さんってどんな保険に入っているんですか?」って聞かれたんですよ。
「これです」ってすぐに見せることができることですね。
「プロの保険プラン」機能ですね。

今までもそういう質問があったときは「こういう保険に入っています」と、口頭でお伝えしていました。
プロの保険プランはしっかり専用のサイト(ほけん知恵袋)に公開されているので信憑性が高いですし、お客様がいつでも見られるというのが良いですね。


 

お客様にはどのタイミングでプロの保険プランを見せていますか?

決まってはないですね。
私は、プランを提案して、お客様が迷ってらっしゃる時などには「私はこれに入っています」「私はこれに入ってません」ということを結構お伝えしているんです。
今後はそういう時にお見せできるかなと思います。

 

プロの保険プランをお客様にお見せしたときの反応はどうでしたか?

喜んでくださいましたね。
お客様が提案を受けた商品に私(FP)も入っていたので。
やっぱり、「自分(お客様)が提案されたものにプロも入っている」という安心感があるんだと思います。

お客様はきっと
「ほんとにこの人、こんなに提案して、自分(FP)は入っているの?」
「提案してくるんだから、自分(FP)は入っているんでしょうね?」
という気持ちがあると思います。

プロの保険プランをお見せすれば、本当に入っているのがわかるので。
証券をお見せしたわけではないですが、公開されているWEBサイトで、しっかり情報をいれていますから。


 

今後ほけん知恵袋に期待することはありますか?

ほけん知恵袋を利用されるお客様がどんどん増えてほしいですね。



――本日は貴重なお時間いただき、ありがとうございました!



駒崎さんのプロフィールページはこちら
https://www.hoken-chie-bukuro.net/Fp-Detail/147/


 

YouTubeでインタビュー動画公開しています

OFFICIAL SNS

facebook Twitter Instagram
ページトップへ戻る

無料保険相談受付中

全国FP検索全国FP検索

保険のプロに質問できる

FPに質問FPに質問