生命保険は複数加入できるのに、損害保険はなぜできないの? | ほけん知恵袋

保険プランナー 248

保険プランナー 248

MENU

生命保険は複数加入できるのに、損害保険はなぜできないの?

閲覧数:2511

公開日:2021-02-01

更新日:2024-05-19

この記事を執筆した保険プランナー

小池誠

評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0

5.0

(1件)

オンライン相談

来店相談

訪問相談

訪問相談

来店相談

オンライン相談

  経歴:

20年  年間相談件数: 209件

  所属:

よつば保険コンサルティング

 取扱い:

生命保険2社 損害保険2社

保有資格:

生命保険募集人, 損害保険募集人

生命保険と損害保険の違い

一般的にヒトを対象としている保険が生命保険、モノを対象としている保険が損害保険です。同じ「保険」なのに生保と損保には、さまざまな点で違いがあります。
そのひとつに重複契約に対する違いがあります。生命保険は複数の保険に加入ができ、万が一の時は複数の保険からそれぞれ保険金が支払われます。
それに対して、自動車保険や火災保険などではその損害額に対してダブって保険金を受け取れることはできません。


 

生命保険の仕組み

生命保険は「もしも」のことが現実に起きたときに給付を受ける仕組みです。人には値段が付いていませんので、加入するときに、もしものことがあったときにいくら必要なのかを考えて、その金額を設定します。時間が経ってその金額では足りないと思えば、新たに追加で加入しても大丈夫です。そしてもしもの時は複数の保険からそれぞれ設定した保険金を受け取ることができます。
たとえば、最初に2,000万円の生命保険に加入して、その後別に2,000万円を重複する形で加入します(もちろん、加入申込みの段階で保険会社はその合計金額が適正かどうか、告知をもとに判断します)。
そして亡くなったときは、合計で4,000万円の死亡保険金を問題なく受け取れます。


 

損害保険の仕組み

いっぽう、自動車保険や火災保険などの「損害保険」は、複数契約してもお金はたくさんもらえません
たとえば、2,000万円の評価の建物に保険金額2,000万円の火災保険に2つ(合計4,000万円)入ったとしましょう。火災が発生して全損になっても2,000万円までしか受け取れません、
各社から2,000面円ずつ、合計4,000万円がもらえることはありません。損害保険は、実際の被害金額が保険金として支払われます。


 

保険に対する考え方の違い

生命保険では人に保険をつけますが、そもそも人には金額のつけようがありません。
生命保険では保険の対象となるアクシデント、つまり保険事故が起きた場合に「契約時に決めた保険金額」を支払うという考え方です。ですので、受け取ることができる保険金額は契約の時に決まることになります。
それ故に、加入するときにその人に対してその金額が適切かどうか、健康等の告知をしてもらい、厳重にチェックします。

一方、火災保険や自動車保険のように物に保険をつける場合、金額の評価が可能です。原則として評価額をベースに保険金を支払います。
損害保険は実際の損害に対して保険金を支払う実損払いが原則です。つまり保険事故が起きた場合に「実際に生じた損害金額」を支払うという考え方であり、「契約の時に決めた保険金額」は「保険金の上限額」を決めたことになるのです。
言い換えると、損害保険は「事故によるマイナスをゼロにする」目的で契約するのであって、「事故によるマイナスがプラスになってはならない」というスタンスなのです。

以上の理由で、生命保険は複数の保険から保険金が受け取れますが、損害保険は基本的にひとつの保険からしか保険金が受け取れないようになっているのです。

 

この記事を執筆した保険プランナー

小池誠

評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0評価1.0

5.0

(1件)

オンライン相談

来店相談

訪問相談

訪問相談

来店相談

オンライン相談

  経歴:

20年  年間相談件数: 209件

  所属:

よつば保険コンサルティング

  住所:

千葉県 市原市ちはら台東8-16-20

 取扱い:

生命保険2社 損害保険2社

相談内容:

生命保険の加入/見直し, 損害保険の加入/見直し, ライフプラン, セカンドライフプラン, 相続対策, 法人コンサルティング

保有資格:

生命保険募集人, 損害保険募集人

まずはお客様の声に耳を傾ける。寄り添って共に考える。最後までしっかりフォローしていく。この姿勢を大切・・・

OFFICIAL SNS

facebook Twitter Instagram
ページトップへ戻る

無料保険相談受付中

全国FP検索全国FP検索

保険のプロに質問できる

FPに質問FPに質問