バンクイックの審査で見られること&審査時間を解説

三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」は、メガバンクが提供しているカードローン商品です。

「バンクイックで借りたいけれど審査が厳しそうで不安」「審査では何が見られるの?」「今日中に借りたいんだけど、審査時間はどのくらいかかるの?」と、申し込みたいけれど審査について不安を感じている人もいるのではないでしょうか。

今回はバンクイックの審査について、審査内容から審査時間、審査に通りやすくするためのポイントまで詳しく解説します。バンクイックの審査に不安を感じている人は、ぜひ不安の解消に役立ててみてください。

この記事のポイント

  • 審査の申込は土日祝日でも可だが即日融資はいずれも不可
  • ATM手数料が原則無料+ATM利用で1,000円単位での借入が可能なところが嬉しい
  • 在籍確認は会社に銀行名で電話がかかってくる

三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」の基本情報

バンクイックは、2007年に取り扱いが始まった三菱UFJ銀行が提供しているカードローン商品です。「バンクイック」とはどのような商品なのか基本情報を紹介するので、概要をチェックしてみてください。

利用限度額の上限や金利などバンクイックの商品概要

バンクイックの商品概要は、以下の通りです。

項目 内容
利用限度額の上限 500万円
金利(年) 1.8%~14.6%
資金使途 事業性資金を除いて様々な用途に利用可能
利用期間 1年
※原則として審査のうえ自動更新

バンクイックの利用限度額の上限は、500万円までです。他の2つのメガバンクのカードローン商品である「みずほ銀行カードローン」と「三井住友銀行カードローン」は、利用限度額の上限が800万円なので、利用限度額の上限は低いと言えます。

金利は融資額によって以下のように決められていて、どのくらいの金利になるか予想がしやすいのが特徴です。

利用限度額 金利(年)
10万円以上100万円以下 13.6%~14.6%
100万円超200万円以下 10.6%~13.6%
200万円超300万円以下 7.6%~10.6%
300万円超400万円以下 6.1%~7.6%
400万円超500万円以下 1.8%~6.1%

借りたお金は事業性資金を除いて様々な用途に使えます。

消費者金融のカードローンでは通常利用期間が設けられていませんが、バンクイックをはじめとした銀行カードローンでは利用期間が設けられているのが一般的です。

原則自動更新なのであまり気にする必要はありませんが、更新の際には審査が行われ、審査結果によってはカードの利用が停止されるケースもあるため注意しましょう。

バンクイックの申し込み条件は以下の通りです。

  • 満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
  • 保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる
  • 原則安定収入がある
  • ※外国人の場合は永住許可を受けている

バンクイックに申し込める年齢の上限が65歳未満と、カードローン商品としては低めです。「みずほ銀行カードローンは66歳未満」まで、「三井住友銀行カードローン」は69歳以下となっています。

バンクイックでは、保証会社の保証が受けられるのも融資の条件の一つです。

原則安定収入が無ければ利用できない点にも注意しましょう。たとえばイオン銀行カードローンや楽天銀行スーパーローンのように専業主婦も融資の対象としている銀行カードローンもありますが、バンクイックは自身に収入がある人しか利用できません。

外国人が利用したい場合は、永住許可を受けている必要があります。

バンクイックの申し込み方法は3種類で土日でも審査申し込み可能

バンクイックに申し込みたい場合、以下の3種類の方法から選べます。

  • WEB申し込み
  • テレビ窓口
  • 電話

審査の申し込み自体は土日祝日でも可能です。

WEBで申し込む場合、パソコンまたはスマートフォンから手続きができます。スマートフォンを利用する人はアプリからも申し込みが可能です。バンクイックのアプリは申し込み専用で、借入残高の管理などには利用できません。

郵送でカードを受け取れば、来店しなくても契約できます。

テレビ窓口で申し込みをする場合、その場で書類の提出までできて便利です。ただし、バンクイックをはじめとした銀行カードローンは即日審査結果の回答ができません。その場で契約ができるわけではない点は知っておきましょう。

営業時間は以下の通りです。

  • 平日:9:00~20:00
  • 土曜日・祝日:10:00~18:00
  • 日曜日:10:00~17:00
テレビ窓口での新規申込受付は、2022年3月31日(木)で終了します。以降は別の方法で申し込みをしなければいけないので、注意しましょう。

電話で申し込む場合も、郵送でカードを受け取れば来店不要で契約できます。営業時間を確認しましょう。

  • 平日:9:00~21:00
  • 土曜日・日曜日・祝日:9:00~17:00

ただし、12月31日から1月3日までは休業です。

バンクイックの審査を受けるために必要な書類

バンクイックの申し込み時の必要な書類は、以下の通りです。

必要書類 書類の内容
本人確認書類
※いずれか2点
運転免許証・パスポート・健康保険証・個人番号カード・在留カード・特別永住者証明書
収入証明書
※50万円超の利用限度額を希望する場合に提出が必要
源泉徴収票・住民税決定通知書・納税証明書・確定申告書

バンクイックでの借入方法と返済方法

バンクイックで契約をした後は、以下の方法で借入と返済ができます。

取引内容 方法
借入 ATM・振り込み
返済 自動支払い・ATM・振り込み

借入や返済に利用できるATMは、以下の4種類です。

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

ATMの利用手数料は基本的には無料ですが、時間外手数料は必要です。

バンクイックで借りる3つのメリット

バンクイックには主に3つのメリットがあります。メリットについて具体的に確認しましょう。

返済がしやすいよう工夫されている

バンクイックでは返済がしやすいよう、以下のような工夫がされています。

  • 返済日が35日ごとと毎月指定日から選べる
  • 返済日の3営業日前にEメールで返済日を知らせてくれる
  • 最低返済額が1,000円からで返済しやすい

返済日が35日に1回来る方法と毎月同じ日に返済する方法から選べるので、都合のいい方法で返済ができます。

返済日を忘れそうで心配な場合は、Eメールで返済日の3営業日前に返済を知らせてくれるEメールサービスを利用すると安心です。

最低返済額が1,000円からで、負担なく返済できるメリットもあります。バンクイックでは最低返済額以上ならいくら返済してもいいので、多く返済できる時は多めに返済すると早く返済が終わり利息の節約が可能です。

最低返済額は借入残高や利率によって決められているので、事前に確認しましょう。

ATMの手数料が原則無料で利用できる

ATMを利用して借入や返済をすると手数料がかかるのが一般的ですが、バンクイックではATM手数料が原則無料です。

時間外手数料がかかる点には注意が必要ですが、営業時間内の借入や返済なら手数料の負担がありません。

方法を選べば1,000円単位での借入が可能

バンクイックでは、ATMを利用すれば1,000円単位での借入が可能です。金利は以下の計算式で出されるため、借入額が少ない方が支払う利息も少なくて済みます。

借入額✕金利÷365日×借入日数

振り込みによる借入の場合は、最小借り入れ単位が1万円になります。

ATMは基本的には手数料無料で利用できるので、少しでも利息を抑えたいならATMでの借入を検討しましょう。時間によっては時間外手数料が必要なので、手数料がかからない時間に借りられるようにするとお得です。

「バンクイック」の安全性は?銀行の商品なので問題なし

「バンクイック」は安心して利用できるカードローン商品です。「バンクイック」を利用するのが何となく不安だと感じる人に向けて、安全だと言える根拠を紹介します。

三菱UFJ銀行の商品なので「怖い」「やばい」と思う必要はない

バンクイックはメガバンクの一つ、三菱UFJ銀行が提供しているカードローン商品です。大手の商品なので、安全性はとても高いと言えます。

銀行ではローンだけではなく預金業務や為替業務なども行われているため、危険な商品は提供できません。「怖い」「やばい」と利用者が感じるようなカードローンを提供すると、信頼を失って他の業務に影響が出るからです。

カードローン自体に不安を覚えている人がバンクイックが危険なのではないかと思っているケースが見られますが、不安に思う必要はありません。消費者金融やカード会社が提供する商品も含めて、正規の業者のカードローンは安全に利用できます。

普段から三菱UFJ銀行を利用している人なら、なじみもあってより利用しやすいのではないでしょうか。

銀行カードローンの中にはカードローンを利用する際に口座を作成する必要があるところもありますが、バンクイックは口座なしでも利用可能です。普段取引がない人でも、口座の心配をすることなく申し込めます。

どのような人がバンクイックを利用しているかチェックしよう

どのような人がバンクイックを利用しているかわかると、安心できるのではないでしょうか。

バンクイックの公式サイトによると、バンクイックを利用している人の年代は以下の通りです。

年代 利用者の割合
20代 8.4%
30代 23.6%
40代 25.7%
50代 27.1%
60代以上 15.1%

若い世代から60代まで、幅広い世代の人が利用している様子がわかります。

男女比は男性が64.7%、女性が35.3%です。男性の利用者が多い傾向は見られますが、女性も借入をしています。

世代や性別を問わず利用者がいることを考えると、安心して利用できるカードローンだと言えます。

安心して利用できるかバンクイックの口コミを見てみよう

バンクイックは本当に安心して利用できるのか、利用者の口コミを見てみましょう。

  • メインバンクのカードローンで安心して借りられた
  • 申込時の説明も丁寧でわかりやすかった
  • 色々なところでサービスが受けやすかったのは大手の魅力だと思う
  • 安心して借入できると思う
  • 銀行系のカードローンなので安心

実際に利用した人からも「安心して借りられた」「申し込み時の説明も丁寧だった」といった声が寄せられていました。

バンクイックを利用する際の注意点

バンクイックを利用する際には、注意点もあります。申し込み前に確認して、納得したうえで利用しましょう。

バンクイックでは即日融資ができない

バンクイックでは即日融資ができません。バンクイックに限らず、銀行のカードローン商品は即日融資ができないルールになっています。

銀行のカードローンは、反社会勢力にお金を融資しないように、審査の途中で警視庁のデータベースに情報を照会しなければいけません。情報の照会に時間がかかるので、銀行のカードローンは即日融資に対応できないのです。

急いでお金を借りたい場合には、バンクイックも含めた銀行カードローン以外を選ぶ必要があります。

利用できるAMTが消費者金融ほど多くない

バンクイックで借入や返済に利用できるATMは、以下の4種類です。

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

消費者金融のカードローンでは、コンビニATMのほかに金融機関のATMが使えます。コンビニがあればあまり困らないかもしれませんが、利用できるATMが少ないのは事実です。

バンクイックの審査の流れと審査時間をチェック

バンクイックに申し込みをすると、審査が行われます。審査の流れと審査にどれくらい時間がかかるのか、詳しく確認しましょう。

バンクイックの審査の流れを詳しく解説

バンクイックの審査の流れを紹介します。

1、申し込み
2、仮審査
3、必要書類の提出
4、本審査・在籍確認
5、審査結果連絡

バンクイックでは、審査は仮審査と本審査の2段階で行われます。仮審査は申し込みの際に入力した内容を元にした審査です。書類上問題がないと判断されれば必要書類の提出を行い、本審査へと移ります。

本審査の際には勤務先に電話で連絡を入れる在籍確認も行われます。在籍確認が行われるのは、働いている裏付けを取るためです。

バンクイックの審査時間は最短1日だが審査状況によっては数日必要

バンクイックの審査時間は、最短であれば1日です。よくある質問に対する回答として、審査結果の連絡は最短で申し込み日の翌営業日と案内されています。

ただし、審査は常に最短時間で終わるわけではなく、審査状況によっては数日かかるケースもあるため注意しましょう。

審査結果の連絡がある時間帯は通常9時から21時で、土日祝日の場合は9時から17時までです。

実際には何日で審査結果が出たのか口コミを確認しよう

バンクイックに申し込んだ場合、最短では申し込み日の翌営業日に審査結果が出ますが、常に翌営業日に審査結果が出るとは限りません。

実際には何日程度で審査結果が出たのか、口コミを元に確認しましょう。

  • 申し込んだ日に仮審査で50万可能とメールがきて翌日職場に確認の電話があった
  • WEBで申し込んでから4日ほどで審査完了
  • 休日を挟んだこともあって審査時間は3日以上かかった
  • 3日程度時間がかかって少し焦った
  • 申込から借り入れまで4〜5日くらいかかった
  • 審査結果は数日で出た
翌営業日に審査結果が出たという声はほとんど見られず、多くの人が3日以上かかったと回答していました。急いでいる時には注意したいところです。

数日待っても審査結果連絡が来ない場合は連絡してみよう

バンクイックでは審査結果が出るまでに4~5日程度かかるケースもあるため、審査結果が出なくても数日間は待ってみましょう。

数日待っても審査結果連絡が来ない場合は、連絡した方が安心です。連絡の行き違いなどの可能性もあるため、確認しましょう。

バンクイックで審査時間を短くする3つのコツ

バンクイックで少しでも審査時間を短くしたい場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 申し込みの際の情報は正確に入力する
  • 必要書類を揃えておく
  • 融資希望額を低くする

申し込みの際の情報が不正確だと、確認のために時間がかかります。必要書類が足りない場合も、提出を待たなければ審査ができません。スムーズに審査が進むよう、必要な情報をきちんと提供しましょう。

必要書類の部分で確認したように、バンクイックでは50万円を超える借入を希望すると収入証明書類の提出が求められます。借りる金額が高くなるほど返済が難しくなるため、より慎重に審査が進められるのです。

返済しやすい金額だと思ってもらえる方が審査がスムーズに進むので、融資希望額はできるだけ低くなるようにしましょう。

バンクイックの審査内容や審査基準を詳しく解説

バンクイックの審査内容や審査基準について、詳細を確認しましょう。

事前審査で見られる内容を紹介

バンクイックの事前審査で見られる内容は、申し込みの際に入力した内容全てです。申し込みフォームに入力を求められる項目をチェックしましょう。

項目 詳細
利用者について 氏名・性別・生年月日・独身か既婚か・国籍・電話番号・健康保険の種類・家族の人数・税込年収
借入状況 金融機関の借入の有無
自宅に関する情報 自宅住所・住居の種類・家賃や住宅ローン自己負担額・入居年月
勤め先の情報 勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号・業種・入社年月・所属部署・仕事内容・勤務形態・収入形態
その他の項目 返済方法・返済期日・カードの受け取り方法・Eメールアドレス・暗証番号

上記のように詳細な情報の入力が求められます。金融機関からの借入に関しては、以下のように分けられていて細かく入力しなければいけません。

  • 三菱UFJ銀行も含めた銀行からの借入※住宅ローンは別途記載
  • カード会社・信販会社からの借入
  • 消費者金融系ローン会社からの借入

勤務先名称について、出向中の人や派遣社員は出向元または派遣元を記載しましょう。

事前審査で審査落ちする場合に考えられる原因は主に2つ

バンクイックの事前審査で審査落ちする場合に考えられる原因は、主に以下の2つです。

  • 収入を得ていない
  • 借入額が多すぎる

銀行のカードローンの中には自身が収入を得ていない専業主婦を融資の対象とする商品もありますが、バンクイックでは自身に収入がある人しか借入ができません。

収入を得ていることは申し込み条件としても案内されていて、申し込みフォームを見ても勤務先や収入を記載する欄があります。収入を得ていなければ、審査には通りません。

もう1つ考えられるのは、借入額が多すぎる場合です。カードローンの審査は返済能力に重点を置いて審査が行われますが、借入額が多いと新たに借入をしても返済ができるとは考えられません。

消費者金融や信販会社など貸金業者のカードローンでは、法律によって年収の3分の1を超える融資が禁止されています。貸金業者が法律によって年収の3分の1を超える金額の融資が禁止されているのは、それを超えると返済が難しくなると考えられるからです。

銀行のカードローンの場合は、法律上の取り決めはありません。しかし、貸しても返してもらえないお金が貸せないのは貸金業者と同じなので、年収の3分の1を一つの基準として融資をしていると言われています。

仮審査は機械的な判断なのですぐに結果がわかる場合も

仮審査は申し込みの際に入力した内容を元に機械的に判断を行うため、スピーディーな審査が可能です。融資ができない条件がある場合は、すぐに審査結果わかる場合もあります。

口コミでも以下のような意見が見られました。

  • 申し込み日当日に否決のメールが来た
  • すぐに否決の連絡があった
  • 数分で否決メールが届いた

仮審査に通ったら本審査へと移行しますが、すぐに否決の連絡を受け取っている人もいます。仮審査の段階で融資が難しいと判断されるケースがあるのが、口コミからわかります。

仮審査に通ると本審査へと移行して確認作業が行われる

仮審査に通った時点で、融資ができる可能性があると言えます。本審査で確認しているのは、以下の内容です。

  • 申し込みの際に記載された内容は正しいか
  • 確実に収入を得ているか
  • 信用情報に問題はないか

本審査の際には必要書類の提出が求められますが、書類には申し込みの際に記載された内容が正しいか確認する意味があります。審査は申し込みフォームの内容を元に行うので、内容が違えば審査をした意味がありません。

確実に収入を得ているかについては、会社に電話をして収入の裏付けを取る在籍確認で行われます。融資希望額が50万円を超える場合は収入証明書類の提出も求められ、より厳正な審査が行われる仕組みです。

カードローンの審査を行う際には、信用情報の確認も行われます。信用情報とは個人の借入に関する情報を言い、個人信用情報機関と呼ばれる機関が管理しています。

在籍確認と信用情報について、詳細を確認しましょう。

本審査の際の在籍確認は会社に電話をする方法で実施される

バンクイックの本審査の際に行われる在籍確認は、会社に電話をする方法で実施されます。バンクイックの場合は電話で銀行名を名乗りますが、要件がカードローンの在籍確認であることがわかるような連絡の入れ方はしません。

本人が電話に出られれば、簡単な確認で終了します。本人が電話に出られない場合でも、「今は外出中」などその職場で勤めていることがわかるような返答が得られれば在籍確認が終了します。

とはいえ、銀行名を名乗って連絡が入るので、言い訳を考えておいた方が安心です。口座の開設の確認や営業の電話と伝えれば、納得してもらいやすいでしょう。

信用情報は記載事項の正確性と返済上の問題に関する確認に利用

信用情報とは個人の借入に関する情報で、具体的には以下のような内容を言います。

  • 本人情報(氏名・性別・住所・勤務先など)
  • 取引情報(借入金額・借入日・返済状況)
  • 照会記録情報(申し込みの際に情報が照会された記録)
  • 官報情報(破産手続きに関する情報)

個人信用情報機関に保管されている情報を確認するのには、申し込みの際に記入された借入額が正しいかチェックする目的があります。借入をしたいために嘘の記入をしていないか、確認するのです。

合わせて延滞や債務整理など、返済上の問題がないかもチェックされています。バンクイックに申し込む時に別のカードローンで延滞している人や、返済が難しくなって債務整理をした人は、新たに借入をしても返済はできないでしょう。

借入額だけではなく、返済の状況もチェックして、返済能力がある人にのみ融資を行うシステムが作られています。

バンクイックの審査と合わせて保証会社アコム(株)の審査もある

バンクイックでの審査に通るには、保証会社であるアコム(株)の審査にも通らなければいけません。バンクイックの申し込み条件の中には「保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる」という項目があります。

保証会社とは利用者を保証する役割を持つ会社で、万が一利用者が返済不能な状態になった場合には利用者に代わって三菱UFJ銀行に対して返済を行います。返済を肩代わりしてもらった利用者は、以降はアコムに対して返済を行うルールです。

保証会社は利用者を保証できるかという観点から審査を行います。審査項目は基本的にはバンクイックの審査と同じで、返済能力のチェックを行う点も同様です。とはいえ、バンクイックとアコムでは審査の観点が異なるため、同じ審査結果になるとは限りません。

バンクイックの審査では融資が可能と判断されても、アコムが保証できないと考えれば審査落ちします。

バンクイックの審査は甘いのか審査難易度について検証

バンクイックの審査は甘いのか厳しいのか、審査難易度について検証しましょう。

バンクイックの審査難易度は消費者金融に比べると高め

バンクイックの審査難易度は、消費者金融と比較すると高めです。銀行カードローンだから審査が厳しいわけではなく、消費者金融と比較して金利が低いために審査難易度が高くなる傾向が見られます。

バンクイックの上限の金利は年14.6%ですが、消費者金融の金利の上限は年18.0%程度です。

金利には店舗の維持や事務手数料などの必要経費を回収する意味だけではなく、返済が滞った時に備える意味もあります。備えが多ければある程度審査で不安があっても融資できますが、備えが少ない場合は返済してもらえないと困るため審査が慎重になるのです。

保証会社のアコム(株)は他の消費者金融より審査通過率が高い

バンクイック自体の審査通過率は公表されていませんが、バンクイックの保証会社であるアコム(株)は他の消費者金融よりも審査通過率が高い傾向が見られます。

記事記載時点で最新の2022年1月の審査通過率を確認しましょう。

消費者金融 審査通過率
アコム 40.3%
プロミス 37.7%
アイフル 30.2%
※2021年12月

アコムの基準で審査をすると審査に通る人が多い傾向がある可能性があります。アコムとしての審査と保証会社としての審査が同じとは限りませんが、同じ傾向が見られれば他の保証会社が審査をするカードローンよりは審査に通る人が多いと言えるでしょう。

バンクイックの審査難易度に関する口コミを紹介

バンクイックの審査を受けた人はどのように感じたのか、審査難易度に関する口コミを集めて紹介します。

  • 大手の銀行で可決されるとは思っていなかったのでびっくりした
  • 30万円と予想外に大きな枠をもらえた
  • 無理かと思っていたのに審査に通った
  • 申し込んですぐに落ちた
  • 気になる点はないのに審査に落ちた
  • 他の銀行で通ったのに落ちた

問題なく審査に通ったと感じた人もいれば、他の銀行で通ったのに審査に落ちたという人もいました。バンクイックの審査は簡単とは言えない様子がわかります。

バンクイックの審査に通りやすくする4つのコツ

バンクイックの審査に通りやすくするコツは、以下の4つです。

  • 在籍確認ができるよう準備しておく
  • 借入希望額を低くする
  • 他のカードローンと同時に申し込みをしない
  • 借入先が複数ある場合は借入件数を減らす

在籍確認は収入の裏付けを取る重要な審査なので、在席確認が取れないと審査に通りません。自分で電話を取れる状態の人は自分で電話を取る、別の人が電話を取る可能性が高い場合は事前に頼んでおくなどの対策を取っておくと安心です。

別の人に頼む場合、カードローンの審査だと言う必要はありません。口座の件で連絡があるかもしれない、保証人になるから確認の電話があるかもしれないなどと伝えておくと、スムーズに対応してもらいやすくなるでしょう。

借入希望額が高いとより慎重な審査になり審査時間も長くなりますが、審査落ちする可能性も高くなる点に注意が必要です。カードローンの審査は返済ができるかどうかに焦点を当てて行うため、借入希望額が高いほど審査が厳しくなります。

単純に金額を見られるわけではなく、年収に対する割合でチェックされるので、年収が低い人は特に高い金額を希望しないようにしましょう。借入希望額が年収の3分の1よりも少なくなるようにすると、審査に落ちる可能性を下げられます。

他のカードローンと同時に申し込みをすると、お金に困って急いで借りたがっているという印象を与えるため、審査に不利です。

借入先が複数ある場合も、あちこちから借りているうちに返せなくなると思われます。可能であれば借入額が少ないところを優先的に返済して、借入件数を減らしてから申し込むようにしましょう。

属性別にバンクイックの審査のポイントを解説

バンクイックの審査のポイントは、属性によっても異なります。属性別に審査のポイントを紹介するので、チェックしてみてください。

収入のある主婦は申し込み可能だが専業主婦は借入不可能

バンクイックは申し込み条件として「安定収入がある」という内容を挙げているため、収入のある主婦は申し込み可能でも専業主婦は借入ができません。

バンクイックでは、パートやアルバイトの収入でも安定収入があると認められれば借入が可能です。短期のパートやアルバイトでは借入が難しいケースがありますが、長期間にわたって働いている場合は申し込んでみましょう。

個人事業主(自営業)は確定申告の所得の入力が必要

バンクイックは個人事業主(自営業)でも申し込みが可能です。

申し込む際には、入力フォームに確定申告の際に申告した所得の入力が求められます。確定申告をしていないと所得が記入できないので、事業を始めたばかりの人は借入が難しいと考えましょう。

確定申告が終わっていて、安定収入があると認められれば、審査に通る可能性があります。

個人事業主(自営業)は、給与を受け取っている人と比較して、月による収入の増減が大きい傾向が見られる点に注意が必要です。

バンクイックでは年収の3分の1を一つの目安として融資を行っていますが、個人事業主(自営業)の場合は年収の3分の1よりも低めに融資希望額を記入したほうがよいでしょう。

アルバイト・パートは月による変動が少ないと審査に通りやすい

アルバイトやパートの場合、安定収入があると認められるかどうかがポイントです。

短期のアルバイトやパートだと、今後の返済が続けられないかもしれないと不安視される可能性があります。月による収入の変動が大きい場合は、少ない月の収入を元に希望額を考えた方が安心です。

まったく収入がない月がある場合は、収入が安定していないと判断される可能性があるため注意しましょう。

派遣社員は勤務先として派遣元を記入しよう

派遣社員が申し込む場合は、勤務先として派遣元を記入しましょう。派遣社員は派遣元から給与を得ているため、派遣元が勤務先として扱われます。

派遣社員の場合は、働いている実態があるかどうかが審査上重要です。派遣元に登録をしていても、派遣先が決まっていない場合は収入を得ているとはみなされません。短期派遣の場合も、審査に通らない可能性があります。

学生でもアルバイトで安定収入があれば申し込める

バンクイックは、学生でもアルバイトで安定収入を得ていれば申し込みが可能です。ただし、年齢の条件が満20歳以上なので、未成年の学生は借りられません。

学生は利用限度額の上限が少ないのが一般的です。10万円を超えると借入が難しくなるケースが多く見られるので、希望する借入額が10万円以下かつアルバイトの年収の3分の1より少なくなるようにしましょう。

年金受給者は年齢の条件が合えば年金収入のみで申し込める

バンクイックは、年金収入のみの人でも申し込みが可能です。カードローンによっては年金収入のみでは収入とみなしてもらえない場合もありますが、バンクイックは年金収入のみでも収入とみなしてくれます。

ただし、申し込みができる年齢の上限が65歳未満なので、年齢制限には注意しましょう。

生活保護受給者はバンクイックでの借入はおすすめできない

生活保護受給者でも働いていれば借入ができる可能性がないわけではありませんが、借入はおすすめできません。生活保護費は借金の返済に充てることが認められていないため、生活保護受給中は新たな借入ができないのです。

ケースワーカーに黙って借入をしたのがバレた場合には、借りたお金が収入として扱われ、生活保護費が減額されます。通帳の記載など借入がバレるタイミングがあるので、黙って借りるのは避けましょう。

状況によっては生活保護費の一時引き上げも可能なので、ケースワーカーに相談するのが一番です。

無職の人はバンクイックの融資の対象にはならない

無職の人はバンクイックの融資の対象となりません。バンクイックの申し込み条件を見ると、「原則安定収入がある」という条件があります。

申し込みフォームにも勤め先に関する欄がありますが、働いていないと記入ができません。

バンクイックで審査落ちしたら再申し込みより別の借入先がおすすめ

バンクイックで審査落ちした場合、考えられる対処法は「バンクイックへの再申し込み」と「別の借入先への申し込み」の2つです。バンクイックの場合、再申し込みよりも別の借入先を選ぶ方がいいと言えます。その理由とおすすめの借入先を確認しましょう。

別の借入先がおすすめだと言える理由は3つ

バンクイックで審査落ちした時に申し込み直すよりも別の借入先がおすすめだと言える理由は、以下の3つです。

  • バンクイックよりも消費者金融の方が審査難易度が甘い傾向がある
  • 個人信用情報機関にバンクイックへ申し込んだ記録が1年間残る
  • 審査に時間がかかる

バンクイックの方が消費者金融よりも審査が厳しい傾向が見られます。バンクイックで一度審査に落ちた場合、審査が厳しめなところで2回審査を受けるよりも、審査難易度が低めな傾向にある消費者金融で審査を受ける方が通る可能性が高いでしょう。

バンクイックに申し込んだ履歴が個人信用情報機関に1年間残るのも、別の借入先を選んだ方がいい理由です。一度審査を申し込んで落ちた履歴があるうちは、なかなか審査に通りません。1年以上経過するのを待つのは、難しいのではないでしょうか。

バンクイックは審査に時間がかかるのも、別の借入先を探した方がよいと言える理由の一つです。

バンクイックで一度審査に落ちた段階で、申し込みからかなり時間がかかっている可能性があります。審査がスピーディーなカードローンを選んだ方が、審査結果が早くわかって便利です。

アコムが保証会社になっている商品は避けた方が安心

別の借入先に申し込む場合、アコムが保証会社になっている銀行カードローンは避けた方が安心です。バンクイックで審査に落ちた場合、保証会社としてのアコムの審査に通らなかった可能性が高いと言えます。

銀行が審査に通しても保証会社が審査に通さなければ借入はできません。アコムは様々な銀行カードローンの保証会社になっているため、申し込める商品が限られます。

上記の内容を考えると、バンクイックに落ちた場合は銀行カードローン以外を選ぶ方がおすすめです。

ここからは、バンクイックで審査落ちした場合におすすめのカードローンを具体的に紹介します。

電話や郵送物なしで申し込める方法も利用可能なSMBCモビット

SMBCモビットは、電話や郵送物なしで申し込める「WEB完結申込」が利用できる点でおすすめの消費者金融です。一定の条件を満たしていれば、「WEB完結申込」が利用できます。

郵送物や電話連絡で借入がバレるのが不安な人には、特におすすめのカードローンです。来店不要で申し込めるのもメリットです。

審査時間が最短30分とスピーディーで、急いでいる場合にはWEBから申し込みをすませた後に電話連絡すると優先して審査を開始してくれます。

プロミスは上限の金利が他のカードローンより低め

プロミスは上限の金利が年17.8%と、他の大手消費者金融の年18.0%より低いのがメリットの消費者金融です。初回借入をした日から30日間の無利息期間が設けられていて、初めての借入ならお得に借りられます。

審査時間が最短30分とスピーディーで、アプリローンも便利です。会社への連絡が不安な場合は、電話で相談しましょう。プロミスも来店不要で申し込めます。

保証会社の時とは違う審査基準になる可能性があるアコム

アコムはバンクイックの保証会社ですが、保証会社として審査をする時と自社のカードローンの審査をする際には審査基準が違う可能性があります。理由はそれぞれのカードローンの金利が違うからです。

アコムで審査を受けた場合は最短30分で審査結果が聞け、最短60分での融資も可能です。来店不要で契約でき、契約日の翌日から最大30日間無利息で借りられる無利息サービスも提供しています。

女性専用ダイヤルが設けられているので、女性にも安心です。会社への連絡が不安な場合は、電話をすれば相談に乗ってもらえます。

アイフルは原則電話連絡がないのが最大のメリットの消費者金融

アイフルは、原則電話連絡がないのが最大のメリットの消費者金融です。会社への連絡が不安な場合には、アイフルの利用を検討してもよいでしょう。

アイフルは審査時間が最短25分とスピーディーで、急いでいる場合にはWEBで申し込んだ後に電話で連絡をすれば優先的に審査を始めてもらえるのもメリットです。

来店不要での契約も可能で、借入方法によっては1,000円単位での借入にも対応しています。契約日の翌日から最大30日間無利息で借りられるサービスも提供していて、お得です。

レイクALSAには最短15秒で審査結果がわかる方法もある

レイクALSAでは、WEBで申し込んだ場合に最短15秒で審査結果が画面に表示されます。借入までには最短でも1時間程度かかりますが、審査結果が早くわかるのがメリットです。

レイクALSAは無利息サービスが特徴的で、契約日の翌日から「全額60日間無利息(WEB申し込み限定)」「全額30日間無利息」「借りた金額のうち5万円が180日間無利息」の3つから選べます。

どの無利息サービスが適用されるかは、融資額や申し込み方法などの条件によって違います。複数のサービスが利用できる場合は、よりお得なものが選べるのがメリットです。

レイクALSAでは、会社へ電話連絡する担当者の性別を希望することもできます。来店不要で申し込みができて、便利です。

金利が低いのがメリットの三井住友カード「カードローン」

三井住友カード「カードローン」は、上限の金利が年15.0%とバンクイックよりも低いのがメリットのカードローンです。銀行カードローンの「三井住友銀行カードローン」とは別の商品で、クレジットカード会社が提供しています。

もともと金利の低いカードローンですが、返済実績に応じてさらに金利が下がるサービスがあるのが特徴的です。

2022年5月31日までに申し込みをして、2022年6月30日までに入会と借入をすれば、最大3か月間金利が無料になるキャンペーンが実施されています。申し込みを検討している場合は、キャンペーン期間内に申し込みをしましょう。

バンクイックで延滞するとどうなるか確認して延滞を避けよう

バンクイックで延滞するとどうなるかを知っていると、延滞を避けようと意識できます。延滞するとどうなるのか、具体的に確認しましょう。

バンクイックで延滞すると遅延損害金が請求される

バンクイックで延滞すると、遅延損害金と呼ばれるバンクイックに与えた損害を賠償するためのお金が請求されます。通常の利息とは別に遅れた日数分日割りで請求されるため、負担が大きくなる点に注意が必要です。

遅延損害金は日割りの計算なので、1日でも早く返済を済ませましょう。

バンクイックで延滞するとカードローンの利用が停止される

バンクイックで延滞すると、カードローンの利用が停止されます。返済をすれば利用停止は解除されますが、何度も返済が遅れるとたとえ返済してもカードローンの利用が再開でいないケースもあるため注意が必要です。

バンクイックは1年ごとの自動更新ですが、何度も延滞していると更新の審査にも通りにくくなります。

返済できないままでいると代位弁済が行われる

返済できないままでいると、三菱UFJ銀行は保証会社であるアコム(株)に返済を要求します。アコムが利用者の代わりに三菱UFJ銀行に対して返済をすることを代位弁済と言いますが、代位弁済が行われると個人信用情報機関に記録が残るため注意が必要です。

代位弁済の後は三菱UFJ銀行ではなくアコムに対して支払いを行いますが、返済ができないままでいると借りたお金を一括返済するよう請求が来ます。一括返済の要求を受けても支払いができなければ、裁判を起こされるのが一般的です。

裁判でアコムの主張が認められると、給与や預金などの財産が差し押さえられます。給与が差し押さえられる場合は会社に連絡が行って給与から天引きになるので、会社に延滞が知られるのは避けられません。

滞納の記録が残ると住宅ローンなどのローンが組めなくなる

代位弁済まで行かなくても、61日または3か月滞納が続くと個人信用情報機関に長期延滞の記録が残ります。

個人信用情報機関に代位弁済や長期延滞の記録が残ると、住宅ローンをはじめとして様々なローン審査に通りません。申し込みの段階でお金が返せない状態にある人にお金を貸しても、回収できるとは思えないからです。

代位弁済や延滞の記録は5年間残り続けるので、延滞しないように注意しなければいけません。

バンクイックで延滞を避けるためのポイント

バンクイックで延滞を避けるためのポイントは、以下の通りです。

  • 申し込みの段階で融資希望額を必要最小限にする
  • 返済を忘れないようEメールサービスを登録する
  • 借りる必要のない月は返済のみに集中する

枠があるとつい余分なお金を借りてしまいそうな場合は、申し込みの段階で融資希望額を必要最小限にしておきましょう。枠があかなければ借りられないので、無理な借入をする心配がありません。

バンクイックではEメールアドレスを登録しておくと返済期日の3営業日前にEメールで返済日を知らせてくれる「Eメールサービス」の利用が可能です。返済日を忘れそうな人は、サービスを利用して延滞を防ぎましょう。

借りる必要がない月は返済のみに集中するのもポイントです。借入に慣れると少し何かあると借入をしたくなる場合もありますが、本当に困った時に備えて本当に必要な時だけ借入をしましょう。

バンクイックで早めに返済を終わらせるための裏技

バンクイックで早めに返済を終わらせるために裏技として、余裕のある月に決められた返済額以上の返済をする方法があります。

バンクイックの毎月の返済額は最小返済額と位置づけられていて、決まった金額以上であればいくら入金しても構いません。早めに返済を進めると利息の支払い額も抑えられるので、お得な借入も可能です。

35日ごとに返済日が来るパターンを選んだ場合、決められた日よりも早く返済をする方法もあります。35日ごとの返済では、直近の返済日から35日以内に次の返済をするルールです。

早めに返済すればそれだけ早く次の返済日が来て、早めに返済が終了します。無理のない程度に早めに返す方法も検討しましょう。

バンクイックで増額したいときに増額審査で見られるポイント

バンクイックでは、最初に申し込んだ時よりも利用限度額を上げてもらう増額の申し込みも可能です。ただし、増額してもらうには増額審査に通る必要があります。

バンクイックでの増額の申し込み方と、増額の審査で見られるポイントを確認しましょう。

増額の審査を申し込むなら専用ダイヤルに連絡を

バンクイックで増額の審査を申し込みたい場合は、第二リテールアカウント支店専用ダイヤル(0120-76-5919)に連絡を入れましょう。自動音声応答なので、案内に従って操作します。

受付時間は9時~21時(土日祝日は9時~17時)です。

増額の審査のポイントは返済状況と他社借入状況

増額の審査のポイントはバンクイックでの返済状況と、他社借入状況です。

増額すると、これまでよりも返済の負担が大きくなります。今以上にお金を貸す相手がすでに返済が滞っている状態にあると、増額しても返してくれるとは思えません。一度でも返済に遅れがあると、増額は難しいと考えましょう。

増額の審査では、他社借入状況も重視されます。バンクイックでは順調に返済を続けていても、他社で借入を増やしている場合や他社での返済が滞っている場合は、返済能力があるとは言えません。

バンクイックや他社での返済に遅れが無く、他社での借入額も増えていない場合には、増額の審査に通る可能性があります。ただし、すでに年収の3分の1に近い金額を借りている場合は、増額が難しいでしょう。

バンクイックを利用し始めてすぐに増額の審査を申し込んでも、返済状況が確認できません。少なくとも半年程度は返済を重ねてから申し込みをしましょう。

実際に増額されたという口コミも見られる

口コミをチェックすると、実際に増額されたという口コミも見られました。しかし、増額の審査で否決されたという意見も多く見られます。

20万円の枠のまま何度も増額が否決されるという声もありました。年収との兼ね合いがあるなどの理由も考えられますが、バンクイックに認められなければ増額はできません。

バンクイックの審査に通るには返済能力が鍵になる

バンクイックの審査に通るには、返済能力が鍵になります。申し込み条件として「安定収入を得ている」という条件があるため、働いていない人や収入が不安定な人は審査に通りません。

金利の上限が年14.6%と低く、メガバンクのカードローンなので、安心感があるのはメリットです。収入の面も含めて利用条件に合っていてバンクイックを利用したいと思っている人は、一度申し込んでみましょう。

バンクイックで審査落ちした場合、再申し込みはおすすめできません。金利が低い分審査が厳しくなる傾向があるため、一度落ちた人は消費者金融など別のカードローンを検討した方が審査に通る可能性が上がります。

バンクイックに申し込んで無理だった場合は、別の方法も考えましょう。

関連記事